毎月更新! お役立ちコーナー
TKCシステムQ&A
補助金・助成金・融資情報
TKC戦略経営者ローン
武本税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
近畿税理士会所属

事務所概要

所長挨拶

はじめまして。
武本税理士事務所の武本祐樹です。
当事務所のホームページをご閲覧いただき誠にありがとうございます。
当事務所では、自計化をベースに中小企業・個人事業の黒字化を支援しています。

「経営がうまくいくのもいかないのも、国がうまくいくのもいかないのも、外部ではなく内部に原因がある。」
「なぜ経営をせねばならないかという、その『なぜ』がわからなければ、経営は成り立たない。」

これらはいずれも、松下幸之助さんの言葉です。
現在、日本の法人企業の約7割が赤字といわれており、困難な経営環境の中にいます。
悪いことが起こると私たちは、誰かのせいにしたり、景気のせいにしたりと、ついつい責任転嫁をしがちです。
しかし、それでは多少の気持ちがまぎれるかもしれませんが、問題は何も解決しません。
得てして問題は企業の内部にあるものです。

問題解決のためには、中期的な経営計画を立て、月次巡回監査によって月々の業績をしっかりと管理しながら現状を把握しつつ、定期的に実績確認をし、問題点が出てきた場合には改善をする必要があります。
数字は経営者が主体性をもって見つめること、目標をしっかりと持つことで変化していきます。

当事務所では、社長様と一緒になって、これらのことについて一緒に考え、悩み、解決し、会社の黒字化と永続的な繁栄を全力でサポートしていきます。
「武本税理士事務所」と一緒に、一歩進んだ会社経営と更なる発展を目指しましょう。

イメージ画像

武本税理士事務所 所長
武本 祐樹

所長経歴

・京都大学大学院 経営管理教育部 経営管理専攻 修了(経営学修士:京都大学)

・大原簿記専門学校に勤務  
   税理士試験受験対策用の教材作成及び税理士受験講座・申告実務講座などの講師を担当

・高橋公認会計士事務所(代表 公認会計士 高橋義雄/現・税理士法人高橋会計事務所)に勤務 
   監査担当者として従事 会社の決算申告、個人の確定申告、相続税申告、遺言執行、相続対策スキーム策定、公認会計士による株価鑑定補助、非上場会社の株式評価、公認会計士監査補助、M&A、事業譲渡、金庫株、持ち株会社設立、財務デューデリジェンス、経営改善コンサルティング、投資育成株式会社への出資依頼、民事再生、倒産など多岐にわたる業務を担当

・平成20年12月に独立開業

・現在
 武本税理士事務所所長
 武本社会保険労務士事務所所長
 武本行政書士事務所所長
   Rt財務・経営コンサルティング株式会社 代表取締役
 Rt相続・贈与コンサルティング株式会社 代表取締役


所属等

【資格】

  税理士
  社会保険労務士
  行政書士
  AFP
  生命保険代理店資格


【所属】

  近畿税理士会(西宮支部)
  TKC全国会
      TKC全国会 資産対策研究会
      TKC租税判例研究会
  岡山県社会保険労務士会
  岡山県行政書士会
  経済産業省 経営革新等認定支援機関
  公益社団法人西宮納税協会
  西宮商工会議所
  京都大学経営管理大学院同窓会
  京都大学同窓会


私たちは、毎月 関与先企業を訪問し、現場の皆様とお話しをする時間を大切にして参ります御社のホームドクターとしての思いを込めて業務に取り組んで参りますどうぞお気軽にご相談ください!

現代は情報化社会です。

遠く離れた外国の出来事も数分後にはニュースとして日本で知ることができます。
では、御社の状況を社長が把握されるまでにどのくらいの時間がかかっていますか?
たとえば今月の利益はいつわかりますか?
来月? 再来月?もしかして申告期限ギリギリですか?
仮に今、3ヶ月前の試算表が経理担当者から社長様の手許にようやく上って来ました。
その試算表を見て資金繰りが危ないことに気付いたらどうなるでしょう。
銀行にお金を借りるとなっても、すぐには融資はおりません。
売上が順調な会社であっても、これでは黒字倒産になりかねません。
業績好調な会社であっても、申告期限ギリギリになって初めて当期の利益や納付税額がわかり、納税資金の準備に慌てふためく社長様の姿を私たちはたくさん見てきました。

現代の情報化社会における会社経営には、会社の状況を社長がリアルタイムで認識できる仕組み作りが必要です。

武本税理士事務所では原則として、毎月 関与先企業を訪問し、月次決算のチェックを行い、社長様に月次決算の内容をご説明することによって、タイムリーな情報を提供しています。
月次決算書による生きた会社の数字を手にすることで、より迅速で的確な経営判断が行えるようになります。

なお、毎月正確な月次決算を積み重ねることで、決算の数ヶ月前から、かなりの精度で当期の決算の状況を予測することができます。これにより数多くの節税対策の中から、御社に合った最適な対策をご提案することができます。
あらかじめ納税額の予測もできるので、納税資金についても事前の準備が可能となります。

また、タイムリーな月次決算書の作成は、当然ながら金融機関からの信頼にも直結します。
融資を受ける際の金利の決定にも大きく影響します。
今後の事業を見据えた場合、少しでも早い段階で金融機関との信頼関係を築いていく事はとても大切なことです。
不動産価値が下落している今、金融機関から担保の提供を求められても、必要資金に足る担保として提供できる物件を所有している会社は少ないのではないでしょうか。
これからは、月次決算書又はその月次決算書の積み重ねによる年次決算書こそが、御社にとって最も価値のある担保物件であると武本税理士事務所は考えます。

「タイムリーな月次決算が大切なことはわかったけれども・・・。」

「でも、会計ソフトの導入など新たに設備投資をする余裕はないなぁ。」
「今から簿記の勉強をするような時間が取れないよ。」

こんな心配のある社長様もいらっしゃるかと思います。

武本税理士事務所では会計事務所専用の会計ソフトや給与計算ソフトを御社にレンタルさせていただきます。
会計ソフトや給与計算ソフトは御社の業務内容に合ったものに完全カスタマイズしてお渡しします。
会計データの入力にあたっては、仕訳を意識する必要がなく、項目を選んで金額を入力するだけのカンタン操作です。簿記の専門知識も不要です。

「パソコンは正直ちょっと苦手だな・・・」

そんな社長様もご安心ください。
操作に慣れていただくまでは武本税理士事務所がきちんとご指導いたします。

お問い合わせ
お問い合わせフォーム